コストが不安?継続できるか心配?だから、なかなか一歩を踏み出せない!そんな人におすすめの大人趣味サイクリング

サイクリング 大人の嗜み

社会人になると仕事に追われ、仕事以外で没頭できる何かを見つけたくても出来ない人も多いと思います。

しかし、休日は趣味でリフレッシュしたり好きなことを楽しんだりすることで、精神的にも安定し、仕事でも成功している、そんなカッコいい人が周りにもいませんか?何か自分も始めて充実した生活を送っているカッコイイ大人になりたいと思っている方に、とっておきの趣味をおススメしたいと思います。

趣味でサイクリングを選ぶと良いこと

メリットイメージ

サイクリングを趣味にしている人たちに聞いてみた『サイクリングをやってて良いこと!』。共感できることがあれば、あなたもサイクリングを始めてみては?

リーズナブルかつ好きな時に気軽に出来るため、継続がしやすい

趣味を始めるときにどうしても気になるのは、会員費やアイテムの購入費。趣味を始めたけど、やっぱりやめてしまったという人の最大の要因にもなるのがコストです。

しかし、サイクリングの場合、基本的には自転車さえあれば始めることが出来るとってもリーズナブルな趣味です。ハマった人は自転車や装飾にもこだわりを持つことも出来、イベントやツアーにも参加することが出来ます。初心者からベテランまで楽しむことが出来るアウトドアです。

適度な運動になるため、リフレッシュが出来て健康面でも良い

サイクリングは外という開放的な空間で、風や日光を浴びながら、好きなコースを選んで楽しむことが出来るという性質を持っています。

また、適度な運動にもなり、運動不足解消にもなるため、心身ともに健康的な状態を作りやすいです。サイクリングを趣味にしている人の多くが、明るく元気でどこか心に余裕のある感じがするのはそのためかもしれません。

他の趣味と織り交ぜて楽しむことが出来る

最近では、「サイクリング×〇〇」という楽しみ方をしている人も増えてきています。グルメが好きな人は、雑誌で見つけた人気のお店を訪れてみたり、カメラが好きな人は自然やスポットなどを訪れてみたり、旅行が好きな人は、車の代わりに自転車でそのまま旅行をしてみてもいいかもしれません。

このようにサイクリングは移動手段にもなりますので、他の趣味との重ね合わせも出来て一石二鳥です!

男女問わず楽しめる

サイクリングは男性だけでなく、女性にとっても人気のアウトドアになってきているのも特徴的です。女性が運動を始める理由として最も高いのがダイエットや健康的な身体作り。

そして、サイクリングはジョギングとかと同じ有酸素運動であり、長時間こぎ続けるため、体脂肪燃焼効果が非常に高いためカロリー消費にもなります。ジョギングはちょっとと抵抗がある女性にも自転車ならとハードルも低く始められるのがサイクリングです。

さらに、日焼け対策で女性向けの長袖ファッションなども既に多く流通しています。ショッピングセンターのサイクリングコーナーに出向いてみるのもいいかもしれません。

また、海外では「Total Woman’s Cycling」というような自転車専用の女性メディアがあるくらい女性の中では年々人気が増してきています。

参加人数問わず楽しめる

サイクリングは多くの他スポーツとは違い、1人で楽しめるのは勿論、大勢で楽しむこともできます。

1人で楽しむのが好きな人はカメラを持参して、定期的にあらゆる場所に行っては写真をSNSなどに投稿していたり、カップルや夫婦は散歩がてらに二人で遠出をして楽しんだり、大勢が好きな人はイベントやツアーに参加するなど、様々な楽しみ方が出来ます。

サイクリング自体が趣味になりながらも、移動手段としても最適なため、楽しみ方の幅が広いのもサイクリングの特徴です。

仕事でも上手くいく生活メカニズムを手に入れることが出来る

心身ともに健康的な状態を作るのに貢献するサイクリングは、週末明けから気分爽快に仕事に十分にリフレッシュした状態で取り組めるほか、コミット(達成)意識も高まるとか。。。

サイクリングを長く楽しんでいると、走行距離が一つの目標(指標)になってくる人も多いです。そして、毎回走行距離を伸ばしながら達成していくことへの快感が癖になり、仕事においても達成感を求めて仕事効率が上がったという話も聞きます。

このようにサイクリングはそれ自体を楽しんでいる時間だけでなく、自身の生活習慣においてもプラスの循環を得ることが出来る可能性を秘めています。

サイクリングの具体的な楽しみ方

楽しいプランいざサイクリングをするとなると、サイクリングってどんな楽しみ方が一般的なの?という疑問もわいてくるかと思います。

次に、一般的な楽しみ方として挙げられる4つをご紹介します。

ツーリング

ツーリングとは、自動車、オートバイ、自転車などで遠乗りをすることを言います。普段住んでいる場所でも、徒歩圏内しか知らないことも多く、まずは気軽に自転車ならではの距離感で居住区近辺の探索などしてみるのはおススメです。

新しいお店や素敵な場所の発見がいくつかきっとあるはずです。

ポタリング

実は、ツーリングが遠乗りのことを指していて、小旅行なども含めた広義であるのに対して、ポタリングはまさしく先ほどご紹介した、自転車で近所などを回ることを指します。

ポタリングという名称があるくらい、近所の探索は人気ということですね。

また、ダイエットやエクササイズとしてもポタリングはおススメです。

イベント

ツーリングやポタリングでは飽き足りない方にとっては、サイクリングのイベントも多数存在します。

山や海の自然の中を颯爽と駆け抜けて爽快感を楽しみながらも、地元グルメも同時に楽しめてしまうようなイベントもあります。

次のサイト(スポエンCYCLE)では、直近でエントリーできるイベントなども公開されているので是非チェックしてみてください。

ツアー

イベントのほかにツアーも存在します。旅行会社などが企画しているものも多数あり、こういった旅行型の方が参加しやすいという方は、イベントではなく、ツアーから参加してみるのもありです。

参加者のために、走る絶景コースも事前に良く練りこまれていて、途中休憩場所で地元グルメが楽しめたり、様々な企画が用意されているため満足度も高いです。

自転車に乗ることが好きになってきたタイミングでお気に入りの自転車と共に小旅行に行ってみるのも楽しみの一つですね。

また、現地で自転車をレンタルできるものもありますので、自転車が逆に荷物になってしまうという心配も必要ありません。様々なツアーがあるので自分に合ったものを見つけてみてください!

サイクリング向きの自転車

自転車サイクリングを始めるにあたって、自転車選びというものがあると思います。どんな自転車を選べばいいか参考にしてみてください。

ママチャリ

少しの遠出をするツーリングやポタリングであれば、ママチャリでも問題ないです。ただし、本格的な遠出をするとなると、股や足、腰など様々なところに負荷がかかり、疲れや痛みが出てきます。

そういったものが生じてくる距離感を走るようになったら以下のようなスポーツバイクを検討してみると良いです。

スポーツバイク

スポーツバイクは、快適に長時間走ることを想定しているため、ママチャリと比べて車体重量が軽く、ギアの変速数も多くなっています。

また、サイクリング用の自転車と言うとその中でもロードバイクとクロスバイクの二つが良く取り上げられます。

ロードバイク

ロードバイクの一番の特徴はドロップハンドルです。ドロップハンドルは握り方を3段階で変えることが出来ます。天候や路面状態など様々な環境に合わせて姿勢を変えられるため、身体への負担が少なく、長距離向けとなっています。また、タイヤ幅が小さいことも特徴的で、これが効率のいい加速を実現しています。

レースなどで使われている自転車がこのロードバイクです。

クロスバイク

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間の存在のような自転車です。

マウンテンバイクは舗装されていない山道などで乗ることを想定しているため、タイヤが太く、ハンドルもフラットで安定感を優先しています。

クロスバイクもフラットハンドルで、タイヤの幅はロードバイクより大きく、クロスバイクより小さい感じです。また、重さもちょうどロードバイクより重くマウンテンバイクより軽いです。

つまり、マウンテンバイクの安定性を維持しつつ、ロードバイクの走行中の快適さを残したような自転車になります。

値段もロードバイクよりは安いことが多いため、リーズナブルにサイクリング用自転車として用意することが出来ます。

サイクリングにおける事前準備

それでは自転車も用意が出来て、いざ出陣となる前に事前準備としてやっておいた方が良いことをご紹介したいと思います。

コース決め

サイクリングのコース決めとして、以下の手順で決めていくと良いといわれています。

  • 距離を最初は20km前後を想定し、徐々に距離を伸ばしていく。50kmで約3時間ほどの所要時間を想定します
  • 距離が決まったら、距離に合わせた目的地を決めます。
  • 目的地の次はルートを決めます。特に交通量が少なく勾配の少ないルートを選びます。
    ※ここが疲れや危険性の回避などサイクリングのコース決めにおいて最も重要です。

用意しておくべきアイテム

<ヘルメット>
ヘルメットをかぶることに初めは抵抗がある方も多いですが、ポタリングではなく、公道でロードバイクなどに乗りながら本格的に走行する際はスピードも出ますし、長時間の走行では集中力も切れることがあるため事故も少なくないです。もしもの時に備えてヘルメットは可能な限り着用するようにしましょう。
<アイウェア(サングラス)>
サングラスは、①紫外線対策、②目の乾燥防止、③ほこりや虫などの異物混入防止など様々なケアに必須アイテムです。特に眼から入る紫外線は、シミや白内障の要因になるため、サングラスを購入する際は、紫外線透過率などを目安に検討するといいでしょう。
<水分・補給食>
サイクリングは思っている以上に良い運動になることから、身体から水分が奪われてしまうため、脱水症状や熱中症にならないように、適度に休憩を取りながら必要な補給をすることをお勧めします。水分だけでなく、補給職としては、ビタミンなど熱中症対策として市販で販売されているタブレットなども多くありますので、そういったもので補給をするのも良いです。

パンク対策

サイクリングで遠出した際にパンクになってしまうと、対策をしておかなかったときに途方に暮れてしまうことになります。またスポーツバイクはママチャリとかと比べてパンクしやすいため、パンク対策はしっかりしたうえで遠出をしましょう!

パンク対策としては以下のようなものを用意しておくと良いです。

  • パンク用修理セット(タイヤレバー、パッチなど)
  • 予備チューブ
  • 携帯用工具

服装

走行距離に合わせて服装選びをすると良いです。1時間前後のサイクリングの場合、基本的には袖口が大きかったりして風でバタついたりせず、ストレッチ性の高いカジュアルな服装であれば問題ないです。

ただし、2時間以上を想定する場合、サイクルウェアなどの購入も検討してみてください。

サイクルウェアは、快適にサイクリングを楽しめるように作られているため、通気性が良く、温度調整などにも優れています。

また、お尻が痛くならないようにパンツにはパッドが入っていたり、小物を入れられるようなポケットが背中にあるなど様々な工夫も凝らされています。気になる方はネットではなく、サイズなども確かめるために一度サイクルウェアが販売されているお店に足を運んでみてください。

サイクリングにおける注意事項

夏日特に大きな注意というものがあるわけでは無いですが、どんなことを楽しむにも、それなりの注意が必要だったりしますので、サイクリングならではの注意事項をまとめてみます。

体温調節

サイクリングは、坂を上ったり動いているときは体が温まりますが、休憩しているときなど汗が冷えてしまい、急な体温低下にもつながります。

そのため、服装は発汗対策に優れたものを選んだり、小まめに汗を拭きとるなど意識しましょう。

また、発汗しているということは水分が奪われているということなので、熱中症にならないように、喉が渇いたなと感じる前に十分な水分を補給するようにしましょう。

日焼け対策

サイクリングは常に紫外線を受けやすい環境下にいることになるため、十分な紫外線対策をしましょう。

特に女性の方で日焼けや紫外線を気にされる場合、アームカバー(半袖焼け対策)、フェイスカバー(顔の紫外線対策)なども有効です。

また、日焼け止めクリームを塗る場合には、SPF50&PA++++のウォータープルーフ仕様を選ぶようにすると良いです。

サイクリングをもっと楽しむために

サイクリングを楽しむサイクリングは非常に継続しやすい趣味のため、ハマる人が多いです。

そんなときに、こだわりやすいポイントをこちらでご紹介しておきます。

こだわりの自転車選び

サイクリングのメインアイテムと言えば自転車。当然、まずこだわりを持つのは自転車です。

今よりイケてるロードバイクやクロスバイクを是非手に入れましょう!

下記のサイトでは、ロードバイクとクロスバイクの特徴が良く整理されていて、おすすめの自転車もまとめられています。

興味がある方は、是非チェックしてみてください。

ロードバイクとクロスバイクの違いとは?目的別おすすめの自転車
絶対わかるロードバイクの選び方ーおすすめロードバイク27台と選び方全知識
絶対わかるクロスバイクの選び方|おすすめクロスバイク16台と選び方全知識

おしゃれ

自転車を買うだけでは飽き足りない。自分だけの色を出したい!そんな人におすすめなのはホイールカバーと服装へのこだわりです。

ホイールカバー

ホイールカバーは、本来空気抵抗を少なくして、より速度を出しやすくするためのものとして出ていますが、現在はファッション的な側面での利用も多いです。

また、ホイールカバーは通常後輪のみにつけます。前輪にまでつけてしまうと横風の影響が大きくなってしまいます。

シンプルでクールなタイプも多くありますが、こだわりを持ってアニメキャラのペイントがされているカバーを貼っている方もいます。

アニメキャラを使用しているチャリを通常痛チャリと言い、下記のサイトでも取り上げられています。

アニメがそもそも好きでない人、アニメは好きでもホイールカバーにまでつけたくないという人もいつるかとは思いますが、おしゃれの一例としてご参考までに載せておきます。

アイマス痛チャリが大変なことになっていた!?画像必見!

服装

初心者の方の多くは、当初はサイクリングウェアを検討する際、「ピチっとしていて恥ずかしい」などという想いを持っている人も少なくないですが、ちゃんと選んでいくとバシッと見た目から決まり、むしろカッコ良かったり、可愛かったりします。

機能性だけでなく、おしゃれとしてもサイクリングウェアは注目されているため、サイクリングにハマった方は見た目も是非こだわってみてもらいたいです。

下記のサイトでも、具体的な人気サイクリングウェアの紹介から、サイクリングウェアの基礎的な考え方までうまくまとめてあるのでご紹介します。

初心者におすすめ!おしゃれなサイクルジャージ24選

サイクリング仲間を作る方法

サイクリングをするうえで、一緒にサイクリングを楽しめる仲間が欲しくなることがあります。また初心者の場合、色々と教えてもらいたいという思いもあるでしょう。

そんなとき、どうしたら仲間を手軽に安心に作ることができるのかと思うはずです。一般的な仲間の作り方として、以下が挙げられます。

  • ロードバイクなどを扱っている自転車屋さんのイベントに参加する
    これが一番安心感があり、プロのスタッフなども同行しているため、仲間を作るだけでなく、色々と初めは勉強になることも多いです。ただし、自転車を購入した人だけしか参加できないことが多いため、こういったイベントに参加したい方は自転車購入時にイベントを開催しているかどうかという視点でもお店選びをしてもいいかもしれません。
  • FacebookなどのSNS
    サイクリングのグループなどSNS上でも色々と調べることが出来ます。コメントや案内内容などを読むことで、開催者の性質や特徴なども知ることが出来るため、自身が安心でき、興味のあるものを選んで参加してみると良いです。
  • 仲のいい友達を誘ってみる
    せっかくサイクリング仲間を増やすなら、元々仲のいい友達が一緒にハマってくれると共有の幅も広がり嬉しいこと限り無しだと思います。人によって興味の分野は違うため、共感してもらえるかどうかは分からないですが、一度誘ってみるのは大ありですね!

おすすめショップ

サイクリングショップ

サイクリングにおいて一通り知識がついたら、早速購入して、いざサイクリングへ!

スポーツ専門のオンラインショップなら「TradeInn」が世界最大級でおすすめです。

また、自転車を専門に扱っているオンラインショップ「サイクリングエクスプレスも自転車好きには欠かせないサイトとなっています。

これらのサイトで一通り必要なグッズを揃えてみてください!

まとめ

サイクリングとは?という趣味としてのサイクリングのメリットや始めるにあたっての準備内容、はたまたハマった人に向けてのコンテンツなど整理してみました。ここまで読んでみて、少しでも興味があると思った人は、是非一度トライしてみてください。きっとサイクリングの魅力にハマると思います。そして、趣味と仕事とを両立させる素敵なライフをつかみとってください。

コメント