社会人向け、バイトのおすすめ12選!!

社会人のバイトのおすすめ 社会人生活

社会人生活をしていて「もう少し稼ぎたいのに、給料が安い」「会社の仕事に満足出来ない」と思ったことはありませんか。そんな方にはバイトで副業をしてみることをおすすめします。

週末の空き時間や、本業が終わった後のちょっとした空き時間を利用して、小遣い稼ぎが出来る仕事はたくさんあります。インターネットを利用して時間や場所を選ばない仕事もピックアップしてありますので、自分に合ったバイト選びの参考にして下さい。

社会人にバイトがおすすめな理由

既に社会人生活をしていれば、1つの組織に属していて安定した仕事が約束されます。その上でバイトを行うのは本業では出来ない経験や、異業種の人との出会いを補う意味があります。ある程度の安定した地盤を持ったうえで、自分の能力を伸ばしたり、人脈作りの機会に利用できます。

副業で安定した収入を得ながら複数の仕事が経験できる

既に本業があれば、一定の収入が約束されます。しかし1つの職種で働き続けていると、経験に偏りが出来てしまいます。副業としてバイトをすれば本業以外に色々な仕事が経験できます。収入が安定しているため、気分転換になる仕事、自分がやってみたかった仕事に思う存分チャレンジできます。

本業以外にスキルアップが図れる

本業で経験できる仕事は、世の中にある仕事のうち、ほんの一部でしかありません。スキルのバランスを取りながら、自分のキャパシティを開拓する目的にバイトをしてみて、自分の能力を試してみましょう。自分が営業職であれば技術系のバイト、逆に技術職であれば対人系のバイトを経験することで、本業のスキル維持をしながら、本業のスキル維持をしながら、コミュニケーション能力を伸ばせます。

本業以外の出会いがある

本業の中で形成できる人脈にも限りがあります。同じ業界の者同士で情報交換を行って、刺激を得ることもありますが、時にそれは人間関係に閉塞感を生み出してしまいます。バイトを行うことで出会う人は自分の異業種であることが多いので、自分の人脈を広げるきっかけになります。

Wワークで自分のキャリアが広がる

企業の終身雇用と年功序列が過去の話となり、パラレルキャリアという言葉が浸透した今、個々人が自分の人生の選択肢を広げるために多様な働き方を模索する必要があります。自分の空き時間にバイトをすることは、本業以外に自分のキャリの可能性を広げるきっかけになります。

注意したい確定申告

副業で得た収入が20万円以上を超える場合には、確定申告の必要があります。もし会社に副業を行っていることが公にされてしまうとまずい、という事であれば、副業で得た収入の住民税の申告は給与天引きにせず、自分で直接納付する形で申告しましょう。

また副業で得た給与が、本業で得た収入との合算で会社に通知がいく可能性もあるため、これを防ぎたい場合には「バイトの給与分の税額を自分で納めたい」と住んでいる市区町村の窓口に問い合わせてみましょう。

社会人向けのインターネットを使ったバイト

会社勤めしていて副業してみたい、という方にはインターネットを使った仕事がおすすめです。相手の顔が見えないというデメリットがありますが、時間や場所にとらわれずに仕事が出来るため、自分の空き時間を見つけてやりたい仕事の没頭することが出来ます。

社会人向けのインターネットを使ったバイト

ライティングのバイト

インターネットを利用した仕事の1つとして、始めやすいのがライティングの仕事です。クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングを使えば、すぐにでも文字書きの仕事が始められます。

クラウドソーシングのライティングは商品のコメント作成など、ブログ用の記事ライティングなど幅広く誰でも取り組めるものが多いため、始めの第一歩として自分の腕試しが出来ます。

気軽なデータ入力のバイト

もう1つ誰でも簡単に取り組めるものが多い仕事として、データ入力のバイトがあります。データ入力はYahooクラウドソーシングでも募集しています。

紙のレシートやアンケートのデータ化、名刺や帳票のデータ入力など単純作業ですが、すきま時間を利用して小遣い稼ぎが出来ます。短納期の仕事から、比較的納期に余裕のある仕事もあるため、自分のスケジュールの空いている時間に集中的に仕事したい人に適しています。

社会人におすすめのアフィリエイト

ブログやWEBサイトを作成するスキルを持っている方には、アフィリエイトがおすすめです。A8バリューコマースなどを利用して、報酬が発生するサイトを作成出来れば、あとはメンテナンス・改善を続けるだけで、定期的な収入を得ることが出来ます。

最初に成果が発生するまでが大変ですが、安定して運用できれば自分自身が実作業を行わなくても、本業を行っている間に報酬が発生するのを待機する状態にでき、毎月定期的な収入が得られます。

デザイン・イラストのバイト

デザイン、イラストの仕事は友人・知人向けの単発の仕事から、本格的な企業ロゴ・印刷物作成などバラエティに富んでいます。1からイメージを起こすのは時間が掛かりますが、フリーの画像素材や無料のアプリなどを組み合わせながら作成すれば、副業として気分転換しながら仕事に取り組めるでしょう。

ライティングで使えるクラウドワークスやランサーズ、またココナラなどでもフリーランスや趣味で登録しているユーザーが多いので、利用してみましょう。

対人系バイトのおすすめ

本業で技術職や事務系の仕事をして社会人経験を積んでいる人には、対人系のバイトをおすすめします。営業や管理系の職種に比べて、これらの仕事は社外の人とコミュニケーションする機会が限られます。人と接するバイトをすることで高いコミュニケーション能力を損なわず、本業にも活かすことが出来ます。

対人のバイト

教えるのが好きな社会人におすすめの家庭教師

家庭教師の仕事は時給が1,000円~2,000円台と高く、土日祝日のみに限られた時間でも効率良く稼げます。子供の学力が上がっていく様子を見ることは、やりがいを感じられますし、人に教えることが好きな人には特におすすめです。

料理好きにおすすめ!飲食店のバイト

学生時代に飲食店でバイトをした人は多いですが、飲食店は接客の基本的なスキル磨きにもなりますし、社会人になってからも学ぶべきことが多くあります。

また飲食店は活気のある人が多く、お客さんや店員同士のコミュニケーションは本業とは違う気分転換になりますし、1人暮らしの人には料理を勉強する機会にも利用できます。ペコリッチペコリッチなどを利用して、採用が決まればお祝い金をゲットできるサイトもあるので活用しましょう。

社会人なら気楽に働けるコンビニのバイト

コンビニの仕事も誰でも出来て、対人の仕事としては敷居が低いため、副業の選択肢として持っておきましょう。また基本的にシフト制のため「自分は夜型」という人は夜間で高時給の時間帯も検討できます。あくまで本業に差し支えないように注意したいので、週末の朝だけ働くというシフトも考えましょう。

テレアポなら対面が苦手でも大丈夫

テレマーケティングを行っている会社は退勤後や、祝日の人をターゲットにテレアポを行っている会社が多いため、週末・夜間だけの仕事もあります。人とコミュケーションを取るのは好きだけれども、対面は苦手という方におすすめです。

社会人向けの身体を使うバイト

肉体労働の仕事は単発で人手が必要な仕事が多く、求人が尽きることはありません。1つの固定した場所ではなく、色々な場所で仕事することが好きな人、運動不足の人におすすめです。

身体を使うバイト

気分転換におすすめ!イベント系のバイト

コンサートホールや催事場でのイベントは週末に単発で発生するため、毎週は無理だけど、空いてる日だけ働きたい人に向いています。会社を慎重に選べば、自分の好きなミュージシャンが見れるイベントの運営などに参加出来たりもするので、上手く調整すれば楽しみも増えます。

引っ越しのバイト

引っ越しのバイトは都心・田舎問わずどこのエリアでもニーズがあります。どんな場所にでも出向くという働き方だと、体力的にも本業に差し支える可能性があるため、自分のアクセスしやすい地域だけ、空いている時間を選んでバイトするようにすればバランスを取りながら働けます。

土木・建築系

土木・建築系の仕事は移動が多く、肉体的にも負荷が多いため注意が必要ですが、身体を動かすことが好きな人、職人気質な人には適しています。現場への往復の交通費が全額支給・日払いで高時給の現場もあるため、手っ取り早く稼ぎたい人はチャレンジしてみましょう。

社会人こそリゾートバイトがおすすめ

リゾートバイトは夏季休暇や冬期休暇など、長期の休暇にリゾート地で勤める業務が多く、学生向けのバイトと捉えられがちですが、社会人がスポットで働くにはうってつけの仕事です。自分が足を運んだことのないリゾート地で非日常を味わいながら仕事をするのはリフレッシュにもなりますし、本業で味わえない状況で仕事をすることで、いつもと違う自分自身を発見出来ます。リゾバ.comリゾバ.comなど、リゾートバイトに特化したサイトを活用すれば、年末年始やシーズンだけに限った短期間のバイトが経験できます。

その他のバイト探し

他にも自分の興味・関心に合わせてバイト探しを出来るサイトはありますが、ギガバイトギガバイトは求人数も多く、自分の希望するエリアや職種・条件に合わせてすぐに求人を探せます。とにかく空き時間に働いてみたいという人はこちらを利用しましょう。

まとめ

社会人経験がある上でのバイトは、自分のスキルアップや人脈作り・経験の幅を広げたり、自分の本業以外に付加価値を高めるための有効な手段です。本業の仕事があれば、一定した収入が見込めるため色々な仕事にチャレンジでき、低リスクのものばかりで失敗を恐れる必要もありません。自分の領域を広げるためにトライしてみましょう。

コメント